暗黒の過去

数十年前、人類はテクノロジーにおいて恒常的に発展を遂げていた。デバイス端末の人工知能から自動操縦の車両まで、宇宙空間に飛ばして惑星に植民地を作ろうという計画も出ていたほどだった。

1つの進化があらゆることを変えてしまった。古代の巨獣ベヒモスから恐竜のクローンを作り出す方法を発見したのだった。最終的に、神に逆らうだけでなく、生命を作り出す神の存在と化してしまった。テーマパークを開園し、この研究過程を披露してこの成功を祝う人類たち。長い時間、これらの生き物と共存し、クローンを作り出し、新種を作り出していった。

彼方に潜んでいたはずの思いが、心を支配し始め、暗黒の思惑が広がる。野心と貪欲を分ける細い境界線。人類は、後者の方へ落ちていったのだった。

貪欲に落ちたジェネシス社は、内部から腐敗していった。影の研究所は秘密裏に研究と操作を行い、恐竜のためのアーマーや武器を製造し始めた。最悪なことに、ビーストたちをコントロールする方法を編み出してしまったのだった。

そして、世は大混乱となる。人類が支配するか、ビーストと共存するか。自分がどちら側につくかによる派閥が作られていった。街は破壊され再建され、再び破壊されて再建するということを繰り返し、そして、今我々が知るこの世界となった。

さて、あなたはどちら側につきますか?選択の時です。なぜなら未来はあなたの選択に掛かっているのだから。